What's in a Name? [logbook]

現在はhttp://whatsinaname.wiki.fc2.com/の更新記録帳となっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト Yahoo!ブックマークに登録 | スポンサー広告 TB(-) | CM(-) | Edit

金属から名前をつけてみる【銅、赤金】

引越ししました! この記事の内容は【銅 - What's in a Name?】に転記済です。

ひとくちメモ
原子番号29、元素記号Cu。赤色の金属で、錫と混ざった青銅などが古代より様々な道具の原料として利用された。
元素記号のCuはラテン語のクプルム(cuprum)、キュプリウム・アエス(Cyprium aes、キュプロス島の銅)に由来する。これはキプロス島に銅採掘場があったため。
金星をあらわし、対立するものの合一、結実、腐敗を象徴する。
なお、赤銅(しゃくどう)は銅に少量の金・銀を加えた日本特有の美術用合金のこと。処理をすると紫色を帯びた黒色に着色するため、紫金(しきん)、紫銅(しとう、しどう)、烏金(うきん)と呼ばれる。

各国語による訳語
日本語銅 あかがね、ドウ
赤金 あかがね
英語copper コパ、コパー、カッパー
フランス語cuivre キュイヴル、キュイーヴル
ドイツ語Kupfer クプファー、クップファー
イタリア語rame ラーメ
スペイン語cobre コブレ、コーブレ
ポルトガル語cobre コーブレ
オランダ語koper コーパラ
ラテン語aes アエス、アイス
古代ギリシャ語χαλκος khalkos カルコス
ロシア語медь メーチ
中国語铜 tóng トン
朝鮮語(韓国語)동 トン
구리 クリ、グリ
アラビア語نحاس ナハース

関連項目

 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
Yahoo!カスタムサーチ

カテゴリ一覧

openclose

タグ一覧

プロフィール

じるふぇ

書いている人:じるふぇ
現在はこちらで活動しています。
ここは更新記録帳となっています。


ご訪問ありがとうございます
Total:  Now:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。