What's in a Name? [logbook]

現在はhttp://whatsinaname.wiki.fc2.com/の更新記録帳となっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト Yahoo!ブックマークに登録 | スポンサー広告 TB(-) | CM(-) | Edit

野菜から名前をつけてみる【里芋、サトイモ】

引越ししました! この記事の内容は【サトイモ - What's in a Name?】に転記済です。

各国語による訳語
日本語里芋 さといも
家の芋 いえのいも
鶴の子芋 つるのこいも
はたけいも
英語taro ターロウ
フランス語colocase コロカーズ
ドイツ語Taro ターロウ
イタリア語colocasia コロカージャ
スペイン語taro タロ
ポルトガル語taro ターロ
オランダ語taro ターロ
ラテン語colocasia コロカシア
Colocasia esculenta コロカシア・エスクレンタ(学名)
ロシア語таро タロ
中国語芋艿 yùnǎi ユーナイ
芋头 yùtóu ユートウ
朝鮮語(韓国語)토란 トラン

ひとくちメモ
サトイモ科サトイモ属の一年。地下茎を煮て食べるほか、葉も芋茎ずいきとして食用にする。
日本語名の「サトイモ」は山に自生する「ヤマイモ」に対して、人里の畑で栽培されることから「サトイモ」という名前になった。
学名の「Colocasia」は、ギリシャ語の「食物」をあらわす「colon」と、「装飾」をあらわす「casein」を合成した言葉が語源となっている。
日本では子孫繁栄をあらわす食べ物として、正月などに食べるほか、旧暦8月15日の十五夜「中秋の名月」はサトイモを捧げるところから「芋名月」とも呼ばれている。

関連項目

 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
Yahoo!カスタムサーチ

カテゴリ一覧

openclose

タグ一覧

プロフィール

じるふぇ

書いている人:じるふぇ
現在はこちらで活動しています。
ここは更新記録帳となっています。


ご訪問ありがとうございます
Total:  Now:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。