What's in a Name? [logbook]

現在はhttp://whatsinaname.wiki.fc2.com/の更新記録帳となっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト Yahoo!ブックマークに登録 | スポンサー広告 TB(-) | CM(-) | Edit

野菜から名前をつけてみる【ラッキョウ、エシャロット】

引越ししました! この記事の内容は【ラッキョウ - What's in a Name?】に転記済です。

各国語による訳語
日本語辣韮、薤、辣韭 らっきょう
大韮 おおにら
里韮 さとにら
英語shallot シャロット、シャラト
scallion スキャリァン
フランス語échalote エシャロットゥ
ドイツ語Perlzwiebel ペルルツヴィーベル
イタリア語scalogno スカローニョ
スペイン語chalote チャローテ
ポルトガル語chalota シャロタ
オランダ語sjalot シャロト
ラテン語Allium chinense アッリウム・キネンセ(学名、ラッキョウ)
Allium bakeri アッリウム・バケリー(学名の別名、ラッキョウ)
Allium cepa アッリウム・ケパ(学名、エシャロット)
Allium ascalonicum アッリウム・アスカロニクム(学名、エシャロット)
現代ギリシャ語kremmydaiki クレミダイキ
ロシア語шалот シァロート
中国語薤 xiè シェ
藠头 jiàotóu ジャオトウ
朝鮮語(韓国語)골파 ゴルパ、コルパ

ひとくちメモ
ユリ科ネギ属の多年。独特の香りがあり、ラッキョウは漬物など、エシャロットは香辛料として使われる。日本の市場に出回っているエシャロットはラッキョウを軟白したものであるが、ヨーロッパで栽培されているものは別種。
学名の「Allium」は「ニンニク」という意味のラテン語で、「匂い」が語源といわれている。「chinense」は「中国の」という意味。

関連項目

 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
Yahoo!カスタムサーチ

カテゴリ一覧

openclose

タグ一覧

プロフィール

じるふぇ

書いている人:じるふぇ
現在はこちらで活動しています。
ここは更新記録帳となっています。


ご訪問ありがとうございます
Total:  Now:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。