What's in a Name? [logbook]

現在はhttp://whatsinaname.wiki.fc2.com/の更新記録帳となっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト Yahoo!ブックマークに登録 | スポンサー広告 TB(-) | CM(-) | Edit

宝石から名前をつけてみる【ガーネット】

引越ししました! この記事の内容は【ガーネット - What's in a Name?】に転記済です。

ひとくちメモ
1月の誕生石。
一般には深赤色の宝石。ほかに無色、緑色、黄色、黒色などのものもある。
化学成分により、
アルマンディン、アルマンダイン(almandine)、鉄礬柘榴石(てつばんざくろいし)
パイロープ(pyrope=「火の目」(ギリシャ語))、苦礬柘榴石(くばんざくろいし)
スペッサルティン(spessartine)、満礬柘榴石(まんばんざくろいし)
アンドラダイト(andradite)、灰鉄柘榴石(かいてつざくろいし)
グロッシュラー(grossular)、灰礬柘榴石(かいばんざくろいし)
ウヴァロヴァイト(uvarovite)、灰クロム柘榴石(かいくろむざくろいし)
などに分類される。
結晶がザクロの実を思わせるところからガラナイツ(granatus、種子)を語源としている。英語のガーネットはラテン語のグラーナートゥム(granatum、ざくろの実)から。
古代では血行促進や血止めの効果があるとして護符とされ、治癒や暗闇を見る力があると信じられていた。
また、丸く磨き上げたガーネットはカーバンクル(carbuncle(語源はカルブンクルス(燃える石炭、小さな石炭)))と呼ばれる。
ジュエルメッセージは貞操、真実、友愛、忠実、忠誠、陽気、献身、精力、優美、権力、勝利、疲労回復

各国語による訳語
日本語柘榴石 ざくろいし
英語garnet ガーネット
フランス語grenat グルナ
ドイツ語Granat グルナート、グラナート
イタリア語granato グラナート
スペイン語granado グラナード
granate グラナーテ、グラネテ
ポルトガル語granada グラナーダ
オランダ語granaat グラナートゥ
ラテン語carbunclus garamantics カルブンクルス・ガラマンティクス
granatum グラーナートゥム
古代ギリシャ語anthrax アントラクス
現代ギリシャ語γρανατης グラナティス
ロシア語гранат グラナート
中国語石榴石 shíliúshí シーリュウシー、シーリィゥシー
朝鮮語(韓国語)석류석 ソンニュソク
アラビア語サヤラーン(「セイロン(スリランカ)」の意)

関連項目

 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
Yahoo!カスタムサーチ

カテゴリ一覧

openclose

タグ一覧

プロフィール

じるふぇ

書いている人:じるふぇ
現在はこちらで活動しています。
ここは更新記録帳となっています。


ご訪問ありがとうございます
Total:  Now:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。