What's in a Name? [logbook]

現在はhttp://whatsinaname.wiki.fc2.com/の更新記録帳となっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト Yahoo!ブックマークに登録 | スポンサー広告 TB(-) | CM(-) | Edit

宝石から名前をつけてみる【ブラッドストーン、ヘリオトロープ】

引越ししました! この記事の内容は【ブラッドストーン - What's in a Name?】に転記済です。

ひとくちメモ
3月の誕生石。
暗緑色の中に赤い斑点がちらばった半透明のカルセドニー(chalcedony、玉髄)のことをブラッドストーンと呼ぶ。
同じカルセドニーで全体が赤いものをカーネリアン(carnelian、紅玉髄)
全体が緑色のものをクリソプレーズ(chrysoprase、緑玉髄)
縞模様のものをアゲート(agate、瑪瑙)、オニックス(onyx、縞瑪瑙)、サードニックス(sardonyx、紅縞瑪瑙)
不透明で赤褐色や緑色のものをジャスパー(jasper、碧玉)と呼ぶ。
ブラッドストーンという名前の由来は赤色の斑点が血のように見えるため。
中世時代はキリストが十字架にかけられたとき、足元あった石にキリストの血がかかってできたと考えられていた。
別名ヘリオトロープと呼ばれ、ヘリオ(太陽)+トロープ(方向)=「太陽の方を向く、太陽を呼び戻す石」というギリシャ語が語源となっている。
古代エジプトではこの石の粉末を止血剤として使っていたため、戦場での護符に用いられていた。
また、持った人の姿を見えなくするという力を持つと考えられていた。
ジュエルメッセージは堅固、勇気、救いの力、理解力、平安、すべての望みをかなえてくれるもの

各国語による訳語
日本語血石 けっせき
血星石 けっせいせき
血玉石 けつぎょくせき
血玉髄 けつぎょくずい
英語bloodstone ブラッドストーン、ブラッドストウン
heriotrope ヘリオトロープ
フランス語jaspe sanguin ジャスプ・サンガン
ドイツ語Blutstein ブルートシュタイン
イタリア語eliotropio エリオトローピオ
スペイン語sanguinaria サンギナリア
ポルトガル語pedra-sangue ペードラサンゲ
オランダ語bloedsteen ブルッドゥステーン
ラテン語haematites ハエマティーテス
古代ギリシャ語haimatites lithos ハイマティーテース・リトス
ロシア語гелиотроп ギリオトゥロプ
中国語血石 xuèshí シュェシー
血石髓 xuèshísuǐ シュエシースイ
朝鮮語(韓国語)혈석 ヒョルソク

関連項目

 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
Yahoo!カスタムサーチ

カテゴリ一覧

openclose

タグ一覧

プロフィール

じるふぇ

書いている人:じるふぇ
現在はこちらで活動しています。
ここは更新記録帳となっています。


ご訪問ありがとうございます
Total:  Now:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。